白タク解禁について

 

白タクとは?

白タクとは営業許可を受けず自家用車を用いてタクシー営業すること、またはその車のこと。

 

タクシーは緑色のナンバーをつけるが、白タクは自家用車用の白色のナンバーをつけているためにこう呼ばれる。

 

海外の白タク事情

自家用車の登録ドライバーにスマートフォンアプリを用いて配車サービスを行う「ライドシェア(相乗り)ビジネス」がアメリカで生まれ現在欧米にも広がっている。

 

その代表的な企業「ウーバー」と呼ばれアメリアでの移動手段の主流にもなりつつある

 

スポンサーリンク

白タクのメリット

1,田舎での移動が楽になる

過疎地域では交通の便が発達しておらず、車を持っている人が多々いるので観光客の移動が楽になる

 

2,副業で個人の所得が増える

サラリーマンとしての給料の他に収入源ができる

 

3.車離れを防ぐ効果もあるかも

若者は車には興味があっても高価なものなので所有する人は少ないが収入源になるなら所有する人も増える可能性がある

 

 

白タクのデメリット

1.運転技術が未熟なタクシードライバーが増える

タクシーの運転手は二種免許や研修を受けているので一定の質は保たれているので

 

2.一般の人が運転するので問題が起きやすい

車のメンテナンスや経験不足から問題が発生する可能性があります。

 

私の考え

白タク解禁がいいことだと思います。

 

普段駅周辺などでタクシーの運転手を見かけることは多いが多くの人は椅子を倒して寝ていたり、タバコを吸っていたりと生活を背負って本気で働いているという人は個人的な考えではあるが少ないと思っています。

 

白タク解禁にすることにより今まで堕落しつつあるタクシー業界に刺激を与えるとともにプロとしての運転の上手さなどをみせつけ解禁したとしても「やっぱりタクシーの方がいいよな」って言われるようなサービスを提供してほしいです。

 

また解禁したとしたその人の評価やレビューがかけるようなサービスをアプリ内に設定してくれたらつかってみようかなと思います。

 

けど、やっぱプロでもない一般の人に自分の命をあずけるって怖いです

 

コメント