寝すぎると頭が痛くなる原因について

寝すぎると頭が痛くなる原因

寝すぎると副交換神経の働きが活発になり、頭蓋骨の中の血管が拡張します。

血管が広がると血管のまわりにある三叉(さんさ)神経が圧迫され刺激を受けこれが大脳に伝わり痛みとして認識されることにより偏頭痛が起こります。

 

寝すぎた時の頭痛に対する対処法

前の文で紹介した通りこの頭痛は頭蓋骨の内の血管が拡張したことによって起こっております。

よってどのような対処法をすればよいのか?それは血管を収縮されることです

以下に具体的な方法を記載します

冷やしてみる

頭を冷やすのも効果的です。水で濡らしたタオルなどを使うのがおすすめです。体温が下がると血管は収縮し、状態の軽減が期待できます。

 

お茶やコーヒーを飲む

お茶やコーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させる働きがあります。

 

まとめ

寝すぎないことが一番ですが寝すぎた場合は血管を収縮させる行動を取るようにしましょう

・頭を冷やしてみる

・コーヒーなどカフェインが含まれたものを飲む

 

以上のような血管を収縮させ交換神経を活発にさせるような行動を取るようにしましょう

 

 

コメント